はっぴ・風呂敷・手ぬぐい・バンダナ │ 創業90余年。小ロットから大ロットまで完全受注生産。布帛専門のオリジナルプリントオーダーサイト。

会社案内

会社概要

社名 井上染工株式会社
代表者 代表取締役 井上 裕明
事業内容 宣伝用旗・幕・のぼり・Tシャツ・エプロン・はっぴ等の企画・
プリント縫製仕上げ。製版、プリント、縫製、仕立ての社内一貫生産。
設立 1969(昭和44)年4月10日
資本金 10,000,000円
従業員数 43名(2016年5月現在)
本社所在地 大阪府大阪市旭区高殿7-21-23
営業所 東京都千代田区鍛冶町1-4-7 彦田ビル6F
設備内容 大型自動スクリーン捺染機、紗張機、自動調色機、スリッター機等

組織図

プロフェッショナル集団である製作部門と、お客様の声に応え、製作進行を管理する営業部門が2本の柱となり、創造力と技術力ある製品を作り上げています。顧客の期待を超える企画提案力、高い評価を得ているスピード対応、防炎加工等品質に対する安心感、美しい品質を保持したままコストダウンを考慮した製版技術、調色技術。大型自動スクリーン捺染機の導入、多品種少ロットをクイックに対応する昇華転写システムの導入、技を問われる手刷り、さらに自社内加工のみならず、協力会社とのコラボレーションによる様々な特殊加工、縫製技術も常に新しいものを取り入れています。

沿革

大正初め 紺屋 山喜創業。
初代井上清次が都島区片町で、印染屋を始める。
その後旭区高殿(現在の本社所在地)に工場を設置。
10年 西区境川に店舗を構える。
昭和26年 井上染工創業。
井上恒治が旭区高殿で捺染工場を始める。
36年 井上好子 井上染工場代表となる。
44年4月 (株)井上染工場設立。
54年4月 井上染工株式会社に社名変更。
井上裕明代表取締役に就任。
54年7月 旭区高殿に本社工場新築竣工。
自動捺染機1号導入。
59年4月 本社倉庫新築竣工。自動捺染機2号導入。
63年11月 高殿配送センター新築竣工。
平成3年8月 自動捺染機3号導入。
3年9月 新森製版工場改築竣工。
9年3月 東京営業所開設。
10年6月 本社・工場移転。配送センター製版工場を一カ所に集積。
自動捺染機4号導入。自動調色機導入。
14年6月 昇華転写システム導入。
18年6月 大型スリッター機導入。
21年4月 CCM捺染システム導入。

お見積り

企業の元気を応援します

会社案内

お問い合わせ

TEL:06-6953-6151
FAX:06-6955-5250
E-mail:
info@inoue-senkoh.com
営業時間/9:00〜17:00

ページトップへもどる